医療法人社団 優成会 浄正橋デンタルクリニック 大阪市福島区 国道2号線沿い
診療・相談のご予約:06-6457-4182 (受付9:30~13:00/15:00~19:30 ※休診:木・日・祝) かんたんWEB予約 24時間受け付けています!!
  1. Home
  2. 診療内容
  3. 矯正歯科

矯正歯科


ORTHODONTIC
矯正歯科とは?

歯並びやかみ合わせが悪いと、審美的な問題だけでなく虫歯や歯槽膿漏に
なりやすくなったり、発音がおかしくなることもあります。

また、肩こり、いびき、歯ぎしり、腰痛や顎関節症、虫歯、歯周病などに
罹患する原因となり得ます。食べ物を噛む能力も低くなります。

矯正とは、このような障害を改善して心身ともに健康な状態にするとともに、
不正状態にならないように予防する歯科医学です。

歯には、力を加えられるとその方向に移動する性質があります。
その性質を利用して、口のなかに矯正装置を入れ、歯に一定の力を
持続的にかけて人工的に動かし、悪い歯並びや噛み合わせを治すのが歯列矯正です。

大人の方には ─ 見えない歯列矯正「インビザライン」

インビザラインを持ったモデルイメージ
誰にも気づかれずに
歯並びをきれいに矯正

矯正といえば金属のワイヤー装置のイメージが強くて、大人になってからだと見た目が気になってなかなか矯正に踏み切れない方も多いのでは?

今世界中でブームとなっている「インビザライン」は、従来のワイヤー装置ではなく、透明なマウスピース型の「アライナー」と呼ばれる装置をつけて、歯列をきれいに整えていく矯正方法です。

透明で人に気づかれにくく、食事の際にはマウスピースをご自身で取り外すこともできるので、30代~50代の大人の方に多く選ばれています。

インビザラインイメージ
世界トップシェアを誇る最先端技術

インビザラインは、2019年1月現在で世界100カ国以上で提供され、累計640万人を超える患者様が治療を受けているマウスピース矯正です。

最新の歯科矯正理論と先端技術により、独自のソフトウェアで治療スタートから完了までどのように歯が動いていくかをシミュレートしたうえで治療計画を立てていきます。

治療計画に基づき、少しずつ形の異なるマウスピースを通常2週間ごとに取り換えながら、歯を徐々に移動させていき歯列を整えます。

インビザラインの5つのポイント

透明で気づかれにくいイメージ

透明で気づかれにくい

インビザラインは透明なマウスピース型の矯正装置ですので、従来のワイヤーやブラケットを使った矯正に比べて目立たず、周囲の人に矯正をしていることが気づかれにくいメリットがあります。

大人になると、お仕事などで人前に出る機会が多い方もおられると思いますが、そういった方でも安心して治療を進めていただくことができます。

目取り外せるので衛生的なイメージ

取り外せるので衛生的

ご自身でマウスピースを取り外すことができるので、食事や歯磨きも今まで通り行えますし、お手入れもしやすく、お口の中を衛生的に保てます。

ただし、取り外しができるからこそ、マウスピースを失くしてしまったり、億劫になって着けずにいたためにマウスピースが合わなくなり作り直しの費用がかかったりすることもありますので、ご注意ください。

インビザライン画像

痛みや不快感が少ない

ワイヤー矯正だと、金属やセラミックなどでできた矯正器具がお口の粘膜に当たり、口内炎になってしまうことがあります。その点インビザラインは、柔軟性のあるプラスチック素材なので、口内を傷つけることがありません。

またマウスピースは厚さ1ミリ以下と薄いため、装着時の違和感や不快感も少なく、徐々に歯を動かしながら矯正するため、比較的痛みも少なくすみます。

インビザラインを着けたモデルイメージ

金属アレルギーの心配がない

従来のワイヤー矯正で用いるワイヤーやブラケットなどの装置は、金属を含んだものが多いため、金属アレルギーをお持ちの方だと矯正治療ができないといったケースもございました。

インビザラインはプラスチックでできたマウスピース装置を用いるので、そういった方でも安心して治療を行うことができます。

男性のインビザライン患者イメージ

男性の患者様も増えています

日本ではまだまだ「男のくせに」歯並びを治すの?という風潮があるかもしれません。そんな周りの目線が気になる方もおられるのでは?

でも海外では男性が矯正治療を受けることはごく普通のことです。見た目の問題だけでなく、歯並びが悪いと全身の健康への悪影響もあるので、矯正治療を受けることはまったく恥ずかしい事ではないのです。世界的なハリウッド俳優やミュージシャンでも、矯正治療をしたまま堂々と人前に出ています。

PRICE
矯正歯科 相談 
 無料
インビザライン 精密診断 
 30,000円
マウスピース矯正 インビザライン ライト 
 350,000円
 ※保定装置費用込み
マウスピース矯正 インビザライン フル 
 700,000円
 ※保定装置費用込み
マウスピース矯正 インビザライン ヘビー 
 900,000円
 ※保定装置費用込み

マウスピース矯正の流れ

受付イメージ

1. ご来院・無料相談

まずはお電話かWEB予約フォームよりご予約いただいき、インビザライン無料相談にご来院ください。

歯列・顔貌チェックイメージ

2. 歯列・顔貌チェック

歯並びやお顔の状態をチェックします。
上下左右からの写真や、笑った顔の写真もお撮りして、どういう状況なのか・どのように見えているのかを確認して記録していきます。

3Dシミュレーション画像

3. 3Dシミュレーション

治療開始から完了まで、歯がどのように動いて治っていくかの様子を3D映像でシミュレーションします。
患者様にもお見せしながら治療計画のご説明をいたしますので、よりご安心・ご納得いただいたうえで治療を開始できます。

マウスピース(アライナー)作製イメージ

4. マウスピース(アライナー)作製

2週間ほどかけてドクターが診断およびデータを作成し、インビザライン製造元のアラインテクノロジー社に発注します。
双方向にすり合わせを行い、ドクターが最終承認したうえで、患者様のマウスピース(アライナー)が作製されます。

マウスピース完成/装着イメージ

5. マウスピース完成/装着

出来上がったマウスピースを期間に分けて、ドクターの指示のもと交換していき、矯正治療を進めます。
通常は2週間毎に新しいマウスピースに交換しながら、徐々に歯を移動させていきます。

3Dシミュレーション画像

6. 矯正治療完了 ~ 保定期間へ

すべてのマウスピースを着け終わるころには、理想の歯並びを手に入れているはずです!!
もう少し調整したい場合なども別途追加料金で承ります。その後は歯の後戻りを防ぐための保定期間へと移行します。


インビザラインPV (BGMあり)

インビザラインが患者様に届くまで (BGMあり)

お子さまに ─ 小児矯正

子供のイメージ
お子さまの将来のためには
早めの矯正開始が◎

お子さまの場合、6歳~小学校中学年くらいまで、乳歯と永久歯が混在して生えかわっていく段階(Ⅰ期治療)で矯正治療を始めるほうが、永久歯が生え揃ってから(Ⅱ期治療)始めるより効果が出やすくなります。

早い時期から顎の骨格の成長をコントロールして、永久歯がきれいに生え揃うよう上下の顎のバランスを整えたり、歯がきれいに並ぶスペースを確保したりすることで、永久歯になってからのワイヤー矯正の負担や期間をぐっと抑えることができます。お子さまの歯並びが気になる親ご様は、ぜひお気軽にご相談ください。

小児矯正の時期図
※治療期間・通院回数は患者様により異なります。
Ⅰ期治療とⅡ期治療について。

小児矯正は、6歳~12歳頃の乳歯と永久歯が混在する時期に行うⅠ期治療と、永久歯が生え揃ってから行うⅡ期治療に分けられます。

Ⅰ期治療は主に顎の骨格の矯正がメインとなり、比較的簡単で負担の少ないプレートやマウスピースといった装置を使用して、受け口や出っ歯などの顎のバランスを整えたり、歯列のスペースを確保して永久歯がきちんとした位置に生えるように誘導したりします。Ⅱ期治療は、大人の矯正と同じワイヤーやブラケットといった装置を使い歯列を矯正していきます。

顎骨が成長するⅠ期から治療を始めることで、Ⅱ期治療が不要になったり、Ⅱ期治療が必要でも抜歯しなくてすんだり治療期間が短くなるなどのメリットがございます。

Ⅰ期治療からはじめるメリット

女の子の写真

顎の成長・顔のバランスを整えられる

最も大きなメリットは、顎の骨が成長しきってしまう前に、上下の顎のバランスを整えることができる点です。

受け口(下顎前突)や出っ歯(上顎前突)、顎の曲がり・ズレといったものは、歯並びだけでなく骨格的な問題に起因する場合も多くあります。成長期に治療することで、大人になってから外科矯正などをしなければならないリスクを減らすことができます。

安らいでるイメージ

抜歯せずに歯並びを整えやすい

現代では、昔に比べて小顔のお子さまが増えており、そのぶん顎も小さくなって歯の並ぶスペースがなくなり、隣同士の歯が重なり合ったり、ねじれたり、前後に飛び出してしまうケースも多くなっています。
大人の矯正の場合は抜歯してスペースを開けることがありますが、成長期の顎の骨が硬くならない期間のうちに歯列を横に広げておくことで、抜歯をせずに歯列を整えることができます。

元気な子供たちのイメージ

負担が少なくなる場合がある

取り外しができて歯並び全体に弱い力が働くプレートやマウスピースを使用する場合などでは、負担も少なく安心です。また子供のうちに矯正しておけば、大人になって一から矯正する費用や手間暇を省くことにもつながります。
ただケースによっては矯正期間が長くなったり、装置の違和感がストレスになり外してしまったりする場合もございますので、治療の継続にはお子さまだけでなく親御さまのご協力も不可欠になってきます。

虫歯のチェック中の男の子

定期的な虫歯のチェックになる

矯正をしている間は、1~2ヶ月に1回程度は通院していただき、歯列の確認や調整を行います。その際に、虫歯のチェックや歯のお掃除などの予防をしてもらうことで、定期的な虫歯予防になります。

特にⅡ期治療でワイヤーやブラケットなどの装置を着けている場合は、食べかすが溜まりやすかったり歯磨きがしにくかったりして虫歯になるリスクが高くなるので、必ず定期的に歯のチェックをするようにしましょう。

ご協力医療機関 医療法人優祉会
「大阪デンタルクリニック」について

大阪デンタルクリニック外観

浄正橋デンタルクリニックでは、様々な矯正歯科治療を行っている、医療法人優祉会の「大阪デンタルクリニック」と対診関係にあります。

大阪デンタルクリニックは大阪駅より徒歩5分で、北新地駅からは徒歩すぐのところにあります。

本格的な歯科矯正は、上記クリニックにて、受けていただくご案内をさせていただきます。まず、当院にてお口の中を拝見し、紹介状をお渡しすることも可能です。

浄正橋デンタルクリニックに歯のクリーニングなどでご来院いただいている方も、矯正治療をお考えであれば、一度ドクターにご相談ください。