大阪市福島区の歯科・歯医者:入れ歯でお悩みの方へ超精密義歯を

あなただけのフルオーダーメイドの入れ歯
超精密義歯とは

歯肉と入れ歯に隙間がなく、真空状態にまでなりぴったりと吸着する、従来の入れ歯とはまったく異なるオーダーメイド義歯です。
外すときには、空気が入り音が鳴るほどです。
そんな夢のような、お悩み知らずの快適な入れ歯が浄正橋デンタルクリニックでは作成可能です。

超精密義歯イメージ

超精密義歯のポイント

POINT1

入れ歯と歯茎の密着

入れ歯と歯茎の密着イメージ
実際に入れ歯を使うときの歯ぐき・舌・頬の動きまで精確に型どりすることで、ぴったりと歯茎に密着する入れ歯を作成します。隙間のない入れ歯は外れにくい上、噛む力も強くなります。

POINT2

噛み合わせのバランス

噛み合わせのバランスイメージ
噛み合わせは非常に重要で、バランスが悪いとどれだけ入れ歯と歯茎が合っていても、噛んだとたんに入れ歯が外れることもあります。超精密義歯はその点も考えて作られます。

POINT3

入れ歯の噛み癖修正

入れ歯の噛み癖修正イメージ
例えばいつも右の奥歯で食べるなどの「噛み癖」がついていると、力のかかり具合もバラバラになり、そのまま入れ歯を作ってもうまく噛めない場合があります。そのため噛み癖を修正する必要があります。

従来の入れ歯に比べて・・・

  • 歯茎に密着して外れにくい
  • 歯の動きまで想定して調整します
  • 違和感や痛みも少なく話しやすい
  • 変形しにくく臭いもつきにくい
歯科衛生士イメージ

▼ そんな超精密義歯を
▼ 実現させる技術が ▼

超精密義歯を作成可能にする技術が
「イボカップシステム」です。
「イボカップシステム」は、ヨーロッパの歯科大学・臨床医と世界的歯科メーカーである「イボクラール・ビバデント社」が共同開発した、総義歯を製作するシステムです。浄正橋デンタルクリニックではその技術を用いて超精密義歯を作成します。

イボカップシステムイメージ

素材には「イボカップ」という最高級素材を用います。
通常の保険の素材と違い、強度が高く、臭いがつきにくく、長い使用にも変質しない優れた素材です。
従来通りの素材・製法では、入れ歯の歯肉部分に数多くの細かい気泡が入ってしまいます。
そういった入れ歯は汚れや臭いの物質が入り込みやすく、長い間使っていると歯ブラシや入れ歯洗浄剤などでは落とせないほど染み付いてしまいます。

イボカップイメージ

超精密義歯では「イボカップ(加熱加圧精密重合レジン)」という素材を使用し、真空状態で6気圧(3t)の圧力をかけて作ることで、高密度で均一な気泡のほとんど入らない入れ歯を作成します。気泡が原因の臭いや変色を防ぎ、また強度も非常に高いため、薄く軽い入れ歯を作ることができます。

イボカップと従来のデンチャーベースの構造比較イメージ

こんな症状にお悩みの方はぜひ一度ご相談ください

老夫婦イメージ
  • 入れ歯が痛くて食事を美味しく食べられない
  • 大きな口を開けて笑うとすぐ入れ歯が外れる
  • 何度も入れ歯を調整しているがうまくいかない
  • 違和感が強くて入れ歯を口に入れておけない
  • 自分に合ったきちんとした入れ歯を作りたい
  • 歯茎が痩せて入れ歯が合わない
  • 食事や生活をもっと豊かに楽しみたい

浄正橋デンタルクリニックの治療内容